文字を大きくするには?
サイト内検索    WWW  当ホームページ内 を検索   サイトマップ
 トップページお知らせ危険物の取扱いにはご注意を・・・
  
 

危険物の取扱いにはご注意を・・・

ガソリンや灯油、軽油は消防法上の危険物に該当し、取扱いを誤ると大きな被害を発生しかねません。なかでもガソリンは−40℃でも気化し静電気などの小さな火源でも引火し爆発的に燃焼する危険な物質です。
  危険物を安全に取扱うには、取扱う人が危険物に関する基本的な知識を持ち、正しい取扱方法を実践しましょう。


○ガソリン携行缶を取扱うときの注意事項

●給油するときは、必ずエンジンを停止し、周囲に火気がないことを確認しエア調整ネジを緩め缶内の圧力を抜き、ゆっくりキャップを開ける。(夏季においては気温の上昇に伴いガソリンの蒸気圧が高くなる可能性があるので、吹きこぼしに注意する)

●携行缶は、消防法令の基準に適合したものを使用する。
(灯油用ポリエチレン缶にガソリンを入れると非常に危険です)

 
●ガソリンは揮発性が高く火災が発生すると爆発的に広がるので、ガソリンを容器に入れて保管することは極力控える。

●セルフスタンドでは利用者が自らガソリンを容器に入れることはできません。
(消防法令に基準に適合した容器で従業員が給油するガソリンスタンドにて購入する)


○危険物全般に共通する注意事項
●みだりに可燃性蒸気を出さない ●静電気を貯めない
●不必要な火気は使わない

●取扱いは丁寧に

●子どもの手の届かない所に置く ●高温になる所には置かない
ガソリン携行缶のパンフレットPDF
▼このページの一番上に戻る
 
Copyright (c) 2011 柏原羽曳野藤井寺消防組合 All Rights Reserved