文字を大きくするには?
サイト内検索    WWW  当ホームページ内 を検索   サイトマップ
 トップページお知らせガス機器による火災及びガス事故の防止
  



ガス機器による火災及びガス事故の防止 

 都市ガスやプロパンガスは、便利で私たちの生活になくてはならないものですが、取扱いを誤ると火災や爆発などの大きな事故につながります。また、不完全燃焼によって発生する一酸化炭素中毒事故も恐ろしいものです。そこで、ガスを使うときは次の点に注意を再確認し、ガスによる火災や事故を防ぎましょう

ガス機器の正しい取付け

@ガス機器にはそれぞれ適合するガスの種類があり、引っ越しの際や新しい機器を購入する際には、地域に供給されているガスに適合したものでないと思わぬ事故につながることもあります。不明な点は必ずガス会社、プロパンガス販売店に相談して、ガス機器を取付けてください。

A ガスこんろやガスストーブを柱や壁に近づけて取り付けると、壁面等を熱に強い材料で覆っていても、内部の木材が炭化して、低温でも発火する事があります。柱や壁などから間隔を取り、防熱板を設置した場所に取付けてください。

B ガス漏れを防ぐため、ゴムホース等は器具との接続部分をホースバンド等で締め付けるとともに、適正な長さで取付け、ひび割れ等の劣化がないか時々点検してください。

ガス機器の正しい取扱い

@ ガス機器を点火したときは、必ず火がついたかどうか確かめてください。

A ガスコンロを使用し、揚げ物等をしている際の火災が多く発生しています。揚げ物等をする際には絶対にその場を離れず、またどうしても離れる場合は短時間であってもこんろの火を必ず消してください。

B 煮炊き等する際も、一旦こんろの火に鍋をかけたら目を離さないようにし、煮こぼれなどによる炎の立ち消えや加熱のしすぎによる空焚き等がないよう注意してください。

C グリル付きガスこんろは、外から炎が見えにくいため、使用していたことを忘れたり、その場を離れて放置したことによる火災が発生しています。グリル火災を防ぐためには、受け皿に水を入れる、グリル内の清掃をするなど忘れずに行ってください。

D こんろの周囲は、整理、整頓に努め、可燃物等に火が燃え移らないように注意が必要です。

十分な換気

@ ガスが燃焼するためには、多量の新鮮な空気を必要とします。空気が不足すると不完全燃焼を起こし、有毒な一酸化炭素が発生するので大変危険です。換気扇を回す、窓を開けるなど換気に心がけましょう。

A ガス風呂釜や大型湯沸器等の排気筒が外れていたり、物が詰まった状態であると排気が不十分になり不完全燃焼が起こることがあります。排気筒が正しく取り付けられているかどうか点検してください。

ガス漏れに気づいた時の注意点

ガス漏れなどの異常に気付いた時は、ガスの元栓を閉め、窓を開け空気の入れ換えをしてください。また、その際、換気扇、電灯等のスイッチやコンセントプラグには触れないでください。火花が発生し、爆発を起こす危険があります。

グラッときた時の注意点

@ ガス機器を使用中に地震が発生した場合には、あわてずに火を消し、ガスの元栓を閉めてください。使用中のガス機器に近付けないような揺れの大きな地震の際には、まず身の安全を図り、揺れがおさまった後で対処するようにしてください。使用していたこんろ、湯沸器などは、確実に消火してください。

A プロパンガスボンベを使用している場合は、プロパンガスボンベは必ず屋外の風通しのよい日陰に設置し、地震等で転倒しないよう鎖などで固定してください。

※不明な点がありましたら、消防署やガス会社等に相談のうえ、ガスを正しく使いましょう。

▼このページの一番上に戻る
 
Copyright (c) 2011 柏原羽曳野藤井寺消防組合 All Rights Reserved