文字を大きくするには?
サイト内検索    WWW  当ホームページ内 を検索   サイトマップ
 トップページお知らせ外出先での地震の対処
  
 

外出先での地震の対処

スーパーやデパートで

  手荷物やかごなどで頭をまもる。

  商品の落下・商品棚の転倒、ガラスの破片に注意。

  あわてて出口に殺到せず、店員の指示に従って行動する。

住宅街で

  ブロック塀や石垣、門柱から離れる。

  屋根がわらなどの落下物に注意する。

  垂れ下っている電線には決して触れない。

劇場や映画館などで

  座席の間でうずくまり、かばんや衣類などで落下物から頭をまもる。

  頭上に大きな照明などがある場合には、その場から移動する。

  あわてずに係員の指示に従う。

繁華街やビル街で

  ガラスや外壁、看板などの落下物に注意。手荷物などで頭を守り、広場・公園などに避難する。

  建物や塀、電柱などから離れる。自動販売機の転倒にも注意する。

エレベーターの中で

  すべてに階のボタンを押して、最初に停止した階で降りる。

  閉じ込められたら、非常ボタンやインターホンで連絡をとり、救出を待つ。

地下街で

  大きな柱や壁に身を寄せ、揺れが収まるのを待つ。

  地下街は約60mおきに出口あるので、あわてず行動する。

  地下街から出る時も、いきなり出ないで外部の状況を把握して出る。

電車やバスの中で

  網棚からの落下物に注意し、つり革や手すりにしっかりつかまる。

  座っているときは、足をふんばって上体を前かがみにして手荷物などで頭を保護する。

  勝手に車両から降りずに、係員の指示に従う。

車の運転中は

  急ブレーキは事故の元。ハンドルをしっかり握って徐々にスピードを落とし道路の左側に停車する。

  揺れがおさまるまで車内で待機し、ラジオなどで情報を確認する。

  車を離れるときは、ドアロックせず、キーをつけたままにする。

▼このページの一番上に戻る
 
Copyright (c) 2011 柏原羽曳野藤井寺消防組合 All Rights Reserved