文字を大きくするには?
サイト内検索    WWW  当ホームページ内 を検索   サイトマップ
 トップページお知らせ>消火器の規格や点検の内容が改正されました
  
  
消火器の規格や点検の内容が改正されました  
    
  

◆消火器の規格の改正◆(平成23年1月1日施行)

◎消火器の表示ラベルが変更になりました。(平成23年1月1日施行)

1、「住宅用」・「住宅用消火器でない旨」の区分表示

2、「加圧式」・「畜圧式」の区分表示

3、標準的な試用期間または期限

4、使用時の安全な取り扱いに関する事項

5、維持管理上の適切な設置場所に関する事項

6、点検に関する事項

7、廃棄時の連絡先及び安全な取り扱いに関する事項

8、適応火災の絵表示

  
 
  
  

◎旧規格の消火器は型式失効となりました。(平成23年1月1日施行)

新規格への変更に伴い、旧規格の業務用消火器は型式失効となりました。特例として、施行後より11年間(平成33

年12月31日まで)は設置が認められています。

旧消火器は平成34年1月1日以降、消防法上、消火器として認められませんので、法令により消火器設置義務のある

防火対象物や危険物施設においては、この期間内に新規格消火器に交換が必要です。

 
 
  
詳しくはこちら