文字を大きくするには?
サイト内検索    WWW  当ホームページ内 を検索   サイトマップ
 トップページお知らせJICA救急救助技術研修講師研修会を実施!
 
 
 解体予定の老人福祉施設で実践総合訓練を実施!
 
 柏原羽曳野藤井寺消防組合では、平成23年12月7日・8日・14日・15日の4日間、管内の解体予定の老人福祉施設(旧四天王寺悲田院)にて実践総合訓練を実施しました。
 7日・8日の2日間は各署所ごとに様々な想定のもと、各日4回想定訓練を実施し、今後とも複雑多様化するであろう災害に対し、現地指揮本部との連携強化を図ることを目的に実施しました。
 また、14日・15日の2日間は近隣消防本部救助隊を招き、各消防本部に居室を提供し、独自でブリーチング訓練(壁・床等の鉄筋コンクリートを破壊する技術)を実施しました。当消防組合は2日間で4隊の救助分隊が訓練に参加し、厚さ約20センチの床・壁を貫通させるダーティーブリーチング訓練(床や壁の近くに要救助者がいない場合に、迅速にコンクリートを破壊し、進入・退出路を設定する技術)とクリーンブリーチング訓練(床や壁の近くに要救助者がいる場合に、コンクリート片等が要救助者側に飛び散らないように配慮しながら進入・退出路を設定する技術)を実施し、適切な資器材の選定等が検証でき、より実践的な訓練が実施できました。
 今後も当消防組合では各隊の連携強化・救助技術の向上に努め、いかなる時でも大規模地震災害等においても対応できるように取り組んでいきたいとしています。
 なお、今回お世話になった四天王寺悲田院の関係者の方々に、この場を借りお礼申し上げます。
 
 【12月7・8日の総合消防訓練の様子】
  
  
訓練実施建物   建物内部
   
 
煙が発生した建物内の様子
   
 
現地指揮本部   訓練中の隊員
   
 
   
 
人命検索の様子  
   
 
 要救助者の救出    訓練後の検討会 
   
  
 【12月14・15日のブリーチング訓練の様子】 
  
 
ブリーチング訓練実施建物
   
 
 ダーティーブリーチング訓練(床面)    クリーンブリーチング訓練(床面)
    
     
   
 
ロールグリスを使用した要救助者救出訓練 
   
 
壁面のブリーチング訓練  
 
 
 ▼このページの一番上に戻る
 
Copyright (c) 2011 柏原羽曳野藤井寺消防組合 All Rights Reserved