文字を大きくするには?
サイト内検索    WWW  当ホームページ内 を検索   サイトマップ
 トップページお知らせ11月9日は「119番の日」
  
 
11月9日は「119番の日」 
 消防に対する正しい理解と認識をさらに深めるとともに、防火防災意識の高揚、地域ぐるみの防災体制の確立に資することを目的として、昭和62年より119日を「119番の日」としてなっています。

 

 「119番の日」は、地域住民と消防とをつなぐダイヤルナンバーにちなんだものですが、正しい119番通報とは、どのようなものかご存知でしょうか。
 消火活動や救急・救助活動は、1分1秒を争う時間との勝負です。消防本部では、通報を受けると、直ちに最寄の消防署から消防車や救急車等を出動させます。
 もし、慌ててしまい、場所等を正しく伝えられなければ、災害現場への到着が遅れてしまい、被害が拡大し大惨事になったり、助かるはずの命が助からなくなる場合もあります。
 また、消防本部では、119番通報時に、電話で心肺蘇生や止血等の応急処置を口頭指導したり、避難するよう指示することがあります。通報者はこれを受けて応急処置を行ったり、避難をして命を取り留めたケースなどもあります。慌てずに落ち着いて指示に従うようにしてください。

正しい119番通報が、迅速・的確な消防活動につながります。「私は、火事や事故を絶対起こさないから大丈夫。」、「慌てないで通報できるから大丈夫。」といった過信は禁物です。

 災害はいつ、どこで起こるかわかりません。自宅が火事になったり、家族がケガや急病になったりすると気が動転し、落ち着いて正確な119番通報ができなくなることも案外多いものです

事実、火事の時に自宅の住所が言えなかったり、急ぐあまり正確に言えなかった通報もあります。いざという時に備え、電話機のそばに自宅の住所や電話番号などの必要事項を書いたメモを貼っておくなど、普段から落ち着いて正確な通報ができるように心がけてください。

☆消防本部が知りたい119番通報 5つのポイント

1 火災・救急の別
 「火事です。」又は「救急です。」とはっきりと   

2 発生場所
  住所は、市町村名からはっきり詳しく
  例:○○市○○町○丁目○番○号
  共同住宅等の場合は、住宅名と部屋番号を忘れずに
  近くに大きな建物や交差点・橋・駅などがあれば伝える。

3 状況・状態
  火災の場合…何がどれくらい燃えているのか?逃げ遅れた人はいないか?
  救急の場合…急病?事故?患者の状態は?

4 通報者の氏名と電話番号
通報者の氏名と通報に使っている電話の番号を伝える。

(出動後に、状況確認の為に電話をかける場合があります。)

5 携帯電話による通報の場合
  通報後しばらくの間は、電源を切らずに近くの安全な場所にいること。

 (消防本部から、再確認する場合があります。)

 ▼このページの一番上に戻る
 
Copyright (c) 2011 柏原羽曳野藤井寺消防組合 All Rights Reserved