文字を大きくするには?
サイト内検索    WWW  当ホームページ内 を検索   サイトマップ
 トップページお知らせ風水害から身を守るために
  
 
風水害から身を守るために 
 風水害対策の第一歩は正しい情報収集から 

台風や豪雨の到来は予測できるからと言ってあまく考えていませんか?正確な気象情報を集めることで風水害による被害を最小限にとどめることができます。

 テレビやラジオ及びインターネット等で最新の情報収集につとめ、発表される情報だけではなく、周辺の状況にも注意して、自主的な早めの避難に心がけましょう。

 

普段から避難準備をしておきましょう
(いつでも避難できるように、次のことを心がけましょう)。

・避難場所の確認

・避難経路や危険箇所の把握

・非常用品の用意

避難は状況に即して判断・行動を
 ・危険が迫る前に早めの避難を

 ・浸水の中の避難は非常に危険

 ・大雨、強風、水深がひざ上まである等、無理に避難するよりも、2階など高いところに
  とどまる方が安全な場合もある

 ・避難に関する情報がすぐに手元に届かない場合もあります。
避難時の注意点(安全で動きやすい服装で)
 ・ヘルメットや頭巾等で頭を保護する。

 ・裸足で避難しない、脱げにくい、スニーカーのような
  ひも靴で避難する。
  (長靴での避難は水が溜まり動きにくくなるので厳禁!)


 ・荷物はリュック等で背負い、両手が使えるようにする。

 ・車での避難はやめましょう。

 ・避難は2人以上で、隣近所を誘って集団で避難する。
  子供や高齢者などの災害時要援護者に配慮する。

 ・マンホールや側溝に注意する。急激な大雨が
  下水管に流れこみ下水管内の圧力が上昇し
  マンホールのふたを開けてしまう場合があり、        
  浸水が進む状況での避難の際は、長い棒やつえを
  使い安全確認してください。
 
 ▼このページの一番上に戻る
 
Copyright (c) 2011 柏原羽曳野藤井寺消防組合 All Rights Reserved