文字を大きくするには?
サイト内検索    WWW  当ホームページ内 を検索   サイトマップ
 トップページお知らせ9月1日は防災の日
  
 

毎年9月1日は「防災の日」です。また8月30日から9月5日は「防災週間」です。

「防災の日」は、1923年(大正12年)のこの日に起きた関東大震災の教訓を忘れない、という意味と、この時期に多い台風への心構えの意味も含めて1960年(昭和35年)に制定されたものです。

「防災週間」は、昭和58年に8月30日〜9月5日を「防災週間」と定め、各関係機関が緊密な協力関係のもとに、防災思想普及の為、様々な行事や訓練などを行っています。

近い将来、発生するであろうと思われる東海・東南海大地震等に備え、日頃から家族で避難場所(経路)の確認をし、非常持出品(避難する時に持ち出す最小限の必需品です。重すぎると避難に支障が出るので、必要最低限の物をまとめ、すぐに取り出せるところに保管)をバッグ(両手が使えるリュック等)に入れ用意しておきましょう。

 また、地震が発生した場合の火の始末、初期消火、応急救護、安全避難等、地震時における心得をしっかり身につけるためにも、地域等で実施されている防災訓練に積極的に参加しましょう。

非常持ち出し品(これはあくまでも一例ですので各ご家庭で応じたものを用意)

ヘルメット・防災ずきん
落下物から頭を守るための必需品です。
必ず家族の人数分を用意して下さい。

懐中電灯
停電時や夜間の移動時には欠かせません。
家族の人数分用意しておくと安心です。

携帯ラジオ
小型で軽い物を用意しましょう。(出来れば防水性能のあるもの)

予備電池
懐中電灯、携帯ラジオ用に少し多めに、用意しておくと安心です。

非常食
乾パン、レトルト食品、缶詰など火を通さなくても食べれる物を用意しましょう。(年に一度は賞味期限の確認を)

飲料水
持ち運びに便利なペットボトル入りを用意して下さい。(最近では長期保存のできる飲料水もあります)。

応急医薬品、常備薬
キズ薬、ばんそうこう、解熱剤、かぜ薬、胃腸薬、体温計、マスク、包帯など。常備薬があれば忘れないように用意しましょう。

貴重品
預貯金通帳、印鑑、健康保険証(コピーでも可)現金(紙幣だけでなく、公衆電話用に10円玉も用意しておきましょう)。

生活用品
衣類、タオル、雨具、軍手、ナイフ、ライター、缶切り、ティシュ、生理用品、簡易トイレなどの準備も忘れずに。

乳幼児がいる場合(非常持ち出し品にプラス)
  粉ミルク、レトルトや缶詰の離乳食、哺乳ビン、スプーン、哺乳ビンの消毒剤、紙おむつ  
  ウェットティシュ、母子手帳、医薬品など

高齢者がいる場合(非常持ち出し品にプラス)
  レトルト食品(おかゆなど)医薬品、老眼鏡、入れ歯など

 ▼このページの一番上に戻る
 
Copyright (c) 2011 柏原羽曳野藤井寺消防組合 All Rights Reserved